signes コンテンツ一覧

当サイト内、clefs、information、dialogueを除くコンテンツの記事一覧です。
作成/更新日時の新しいものから順に表示しています。
ここでは200件までしか表示しませんので、すべてを見るためには、各カテゴリのページに行く必要があります。

すべてのカテゴリ  musique  litterature arts textes technique produit links

カテゴリ「musique」のコンテンツ一覧

entry:200

page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

  1. item破局のマリア - バリトンとエレクトロニクスのための [musique/composition/管弦楽曲] 2023/11/12

      2023.11.12完成。  2024年9月に予定する作曲個展コンサートのクライマックスとなる曲として作曲。  ヤニス・クセナキスの管弦楽曲のような大迫力の、喧しいサウンドを当初イメージしていたが、作曲中はむしろ新ロマン派と呼ばれるヴォルフガング・リームの音楽を聴きまくっていた。  コンサートではバリトン歌手が、カラオケとしてのオケと共に歌い、私は爆発音や火事の音のようなサンプル音や、ほん...

  2. itemまどろむソフィー - ヴァイオリンとエレクトロニクスのための [musique/composition/mixtures] 2023/11/4

     2023年9月3日のコンサート「第9回北海道の作曲家展」出品しようと思い作成した曲。  2年ほど前から、電子楽器やスピーカー等のセットをコンサートで試したいと思っており、一つのシンセでたくさんの音を同時に鳴らすためマルチティンバー音源を用意。これ一つであれば荷物も少ない。  作曲したのは2022年末から2023年始め、その数ヶ月前から私は気まぐれを起こして19世紀の一般的なクラシック音楽(調性音...

  3. itemMelancholie (ver. 2024) [musique/composition/mixtures] 2023/8/27

    2023/8/27完成  もう13年前、2010年に作成した楽曲を、来年の作曲個展コンサートのために移調し、ナマ楽器を加えてアレンジしたもの。  この非常にネガティブな歌詞の暗い曲は、何故か当時好評だった。「癒やし系」以来のポジティブさやユルさを追い求める同時代の世相に反発し、世間に背を向けて真逆の「苦しみ」を主題化し、ノイジーでやや複雑さの残るサウンド、そして動き回る転調を用いたのだったが、全...

  4. item連作歌曲「やさしい恋愛小説集」 - バリトンとピアノのための 〜 メッセージ [musique/composition/声楽曲] 2023/7/21

    2023.6.29完成 7.21改訂

  5. item連作歌曲「やさしい恋愛小説集」 - バリトンとピアノのための 〜 きみが包んでくれるなら [musique/composition/声楽曲] 2023/7/21

    2023.7.20完成

  6. item連作歌曲「やさしい恋愛小説集」 - バリトンとピアノのための 〜 並んで歩いたあの道は [musique/composition/声楽曲] 2023/6/24

    2023.6.24完成 7.21改訂

  7. item連作歌曲「やさしい恋愛小説集」 - バリトンとピアノのための 〜 目を覚ませば、きみの [musique/composition/声楽曲] 2023/6/24

    2023.6.2完成 7.21改訂

  8. item連作歌曲「やさしい恋愛小説集」 - バリトンとピアノのための [musique/composition/声楽曲] 2023/6/24

    2024年作曲個展コンサートの冒頭に置く作品として作曲。 「小説」つまり虚構として歌詞を書き、虚構としての歌を作った。芸術とは虚構であると言った先人もいるが、これらの歌曲は全くそうである。 ↓YouTube動画(全曲連続再生) https://youtu.be/MN2DmfV0oJ4 スコア: http://www.signes.jp/musique/Concert2024/RomanceN...

  9. itemRock Number - バリトン、ヴァイオリン、2本のフルート、ピアノのための [musique/composition/声楽曲] 2023/6/16

     低音の出る楽器が少なく、もちろんエレキギターやドラムスも無くあまりにも相応しくない編成であえて「ロックらしく」書く作業は、そののためにかえって「ロック的なカッコよさの美学や意味の体系の核心とは何か」というラジカルな探究に誘ってくれた。  ロックのシンプルさをも私は敬愛している。無二のキャラクターであった忌野清志郎さんの曲を学生時代ずっと聴いてほとんど覚えていたし、ストーンズやヴァン・ヘイレンなん...

  10. item憧憬のタンゴ - ヴァイオリン、フルート、アルトフルート、ピアノのための [musique/composition/室内楽曲] 2023/6/1

    2024年に計画している個展コンサートで演奏して頂こうと思って書いた曲の一つ。 [プログラム・ノート]  タンゴと言ってもピアソラしか聴かないのだが、そこにあるストレートな感傷性や切っ先の鋭い情熱、一種の尊さとして聳える大衆性には、いつも憧れを持っている。明瞭な感情の表出の直接さは、クラシックではチャイコフスキーやラフマニノフの特徴に通じるものもあるかもしれないと思う。  ヴァイオリンの山本泰子...

page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

2029606

* * *

All contents written & programmed by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.