メランコリー

2006年に(軽症)「うつ」と診断されたのだが、本当にそうなのかと疑問に思いながら薬を飲んでいる。テレンバッハや木村敏氏、それから精神分析等の本でいろいろ自分なりに研究しているのだが・・・。

relations

clef 鍵語 自己

entry 攻撃的メランコリー(症例nt)

 2006年に心療内科で(軽症の)うつと診断され、未だに薬を飲んでいるのだが、これは服薬を止めると3日後くらいにはめまいと頭痛に襲われ、かつ、夜も眠れなくなってしまうためで、現在抑うつ的な気分などは特にない。医者に言わせるとこの「めまい」はストレスによって自律神経が変調をきたすのだということだが、ど ...(全部読む)

 written by nt, 2009/11/29

[textes/notes]

entry 断絶詩集

  • 強迫欲動 Zwangsantrieb (3:51)

  • 父の名 Noms-du-Père (5:03)

  • エンドン Endon (3:06)

  • シナプス Synapse (3:21)

  • 反復 Wiederholung (4:29)

  • メランコリー Melancholie (4:43)

 composed & played
  by nt, 2009/12/30

[musique/composition]

entry Twitterの現象学とメランコリー

 ここ数ヶ月木村敏氏の著作を読みふけり、そのユニークな哲学的(ハイデッガー由来の現象学的)精神病理学に心惹かれている。
 木村氏によると、「自己(主体)」は、生物学的個体そのものの「うちに」あるのではなく、個体と他者との「あいだ」に生まれ来る。自己/主体は差異に基づいてしか実存しえないので、自同性 ...(全部読む)

 written by nt, 2010/2/10

[textes/思考]

entry 対象としての女性ボーカル

 昨日から突然、西野カナさんのファンになった。
 キレイな声で、普通にPOPな軽い歌をうたう音楽性(アルバム「LOVE one.」)が心地よく、さらに動画や写真を見るとなかなかかわいい。完璧な美人という方向ではないが、どこかぽよっとした感じで、指でつついてみたくなる(実際にやったら変質者だが)。
...(全部読む)

 written by nt, 2010/3/1

[textes/notes]

entry コミュニティへ

 3年前の「メランコリー」状況の際、その前後にちょうど私はmixiや、音楽系を含めた各種SNSに加入し、ネット・コミュニティ・サービスの上で戯れていた。
 その後、mixiが例の「著作権」騒動を引き起こし、それを口実にして、私はいったん「コミュニティ」から離れることにした。
 ところが最近、そう ...(全部読む)

 written by nt, 2010/1/26

[textes/notes]

entry M.T.の記憶

2006年、姉と父が相次いで癌で死んだ。この曲は姉の死の直後につくったもの。

(4:40)

 composed & played
  by nt, 2006/7/4

[musique/composition]

entry 健康幻想

 日本人の普遍的な、時代の感受性は、たとえば「健康」「癒し」などへの「前向き」な姿勢、そういったものの価値観を宗教的に崇拝しているらしい。この感受性はしばしば強迫的であり、「反動」に対する攻撃は、ときにヒステリックになる。
 おおざっぱに言うと、論理的な思考が、「道徳律」ないし個人の「倫理」として ...(全部読む)

 written by nt, 2010/6/4

[textes/思考]

1312998

* * *

All contents written & programmed by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。 (MIDI/MP3/JPGファイル等への直接リンクはご遠慮ください。)
http://www.signes.jp/clefs/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.